Press Release

DataCoreでエンタープライズ・アプリケーションのKubernetes およびDockerへの移行が容易に

コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスで、仮想マシンまたはベアメタルサーバーのDataCore Software-Defined Storageと同じ充実したサービスにアクセスが可能に

フォートローダーデール(米国フロリダ州)2019122DataCore Software (以下:DataCore)はSoftware-defined storage(SDS)のソリューションにより、コンテナ化されたアプリケーションとデータベースの永続ストレージボリュームへのアクセスを可能にする2つのプラグインをリリースしました。これらのプラグインは、大規模な環境での信頼できる、予測可能な動作を実現するための、高度なデータ保護とデータ回復に対するいくつかのオプションを提供します。

他のIT企業による限れたアプローチを打ち破って、DataCoreはDevOpsとIT運用管理者にコンテナホスト、仮想マシン、ベアメタルサーバーに広がるSoftware-defined Storage serviceのコントロールプレーンを提供します。これらはオンプレミスとクラウドの両方の環境に対応します。このアプローチはアプリケーションの刷新とコンテナの採用についての単純な方法を実現し、データ移行は必要なく、性能劣化もありません。

プラグインによって利用可能となるオプションのうち、特にデータの継続的保護(CDP)では、ランサムウェアや他のデータ破損を引き起こす障害による被害を軽減することが証明されています。CDPは攻撃が起こる前の状態にデータのイメージ巻き戻すことを可能にし、制約やデータ損失、定期的にある時点のスナップショットを取得する際の負荷といったものはなく、デジタルビデオレコーダーのように機能します。

1つ目のプラグインはKubernetes Container Storage Interface (CSI) v1.0.0に準拠しており、DataCore™ CSIプラグインがGitHubの以下から利用可能です。https://github.com/DataCoreSoftware/csi-plugin/

2つ目はDocker認定プラグインで、Dockerのボリュームプラグインを実装しています。DataCore™ SDS Docker Volume プラグインがDocker Hubの以下から利用可能です。https://hub.docker.com/plugins/datacore-sds-volume-plugin.

DataCoreによって実施された最近のリサーチによると、46%が本番環境か開発/テスト環境のいずれかでコンテナを実装していると回答しています。コンテナで使用するストレージの種類については、77%がコンテナをサポートする専用または既存のストレージと回答しています。さらに、50%の回答者がコンテナを実装するときに直面する一番の課題をストレージソリューションの拡張性としています。他の課題としては、通常のデータ損失に対する防止策やセキュリティの欠如(44%)、コンテナに統合できるプロビジョニング処理の欠如(40%)、ストレージのパフォーマンス問題(22%)が挙げられています。

同様に、最新の市場調査 “The State of Software-Defined Storage, Hyperconverged and Cloud Storage“ では、コンテナを実装した後で、データ管理及びストレージツールの欠如、アプリケーションパフォーマンスの劣化(特にデータベースやその他のTier1アプリケーション)、永続ストレージが必要なデータベースのようなアプリケーションの対応方法の欠如といった予想していなかった意外なことにユーザーが直面していることが報告されています。

DataCore コンテナ担当プロダクトマーケティングディレクターであるAugie Gonzalez氏によると、「これらの統計で明らかになったのは、DevOpsが最初にDockerコンテナをKubernetesクラスターにロールアウトするときに、実績のあるDataCore Software-Defined Storageのサービスを採用すること緊急性を帯びているということです。」

これらのプラグインは現在サポート契約のあるSANsymphony™とDataCore™ Hyperconverged Virtual SAN のお客様に無償オプションとして利用可能となります。ボリュームへのアクセスはiSCSIとFibre Channelの両方がサポートされます。

またDataCoreはCloud Native Computing Foundation (CNCF)に参画することを発表しました。CNCFは中立の立場で協業する場で、業界トップの開発者、エンドユーザー、ベンダーが集まります。その中には多くの革新的なスタートアップ企業だけでなく、世界で最も大きなパブリッククラウドやエンタープライズソフトウェア企業も参画しています。さらにこのことからわかるように、DataCoreはコンテナ開発に非常に効果的なSoftware-Defined Storage ソリューションを提供するよう業界とともに進めていきます。

DataCoreについて

DataCoreはリアルタイムデータの先進企業で、software-defined storageのパイオニアであり、現在ではそのテクノロジーをhyperconvergedworkload optimizationに取り入れています。DataCoreはIT組織がいつでも利用可能な、高パフォーマンスかつ高効率のデータを実現できるよう促進しています。独自のテクノロジーである適応型パラレルI/Oがストレージのボトルネックを解消、ゼロダウンタイムの同期ミラーを可能にし、真のハードウェアに依存しないアーキテクチャーを提供します。これにより、柔軟性、リソースの効率性、コスト削減に結びつきます。

DataCore softwareは次世代のソフトウェアディファインドデータセンターに不可欠なものとなります。DataCoreの価値は、従来の環境からhyperconverged、クラウド、ハイブリッドにおよぶ10,000以上のお客様での導入実績で証明されています。Visit http://www.datacore.com or call (877) 780-5111 for more information.

 

DataCore、DataCoreロゴはDataCore Software Corporationの商標または登録商標です。文中に記載のその他のDataCoreの製品またはサービス名、ロゴはDataCore Software Corporationの商標です。文中で言及されるその他の製品名、サービス名、会社名はすべてそれぞれの所有者に帰属する商標である可能性があります。

お問い合わせ先
データコア・ソフトウェア株式会社
TEL: 03-6695-7013 (担当: 鎧塚、田中、小川)
E-mail: DataCore-Japan-info@datacore.com
https://www.datacore.jp/